自己紹介とプロフィール

自己紹介とプロフィール

自己紹介

はじめまして。内沼晋太郎と申します。

本の仕事をしています。最初にはじめたのは、小さな本の売り場やライブラリーをつくる仕事でした。

現在では、新刊書店と出版社を経営するかたわら、出版流通、紙・印刷・製本、造本・装丁、図書館など、本にまつわる様々な専門家の人たちと一緒に、様々なプロジェクトをご一緒しています。

最近は、本とまち、本と仕事、本と子ども、本と日記、といったテーマにも関心があり、それぞれにかかわる仕事もしています。

プロフィール

以下、メディアの方など向けに、プロフィール文を字数別にご用意しました。

近影はこちらです。

50字ver

1980年生まれ。ブック・コーディネーター。「本屋B&B」共同経営者、「日記屋 月日」店主。

200字ver

1980年生まれ。NUMABOOKS代表、ブック・コーディネーター。新刊書店「本屋B&B」共同経営者、株式会社バリューブックス社外取締役、「八戸ブックセンター」ディレクター、「日記屋 月日」店主として、本にかかわる様々な仕事に従事。また、下北沢のまちづくり会社である株式会社散歩社の取締役もつとめる。著書に『これからの本屋読本』(NHK出版)などがある。現在、東京・下北沢と長野・御代田の二拠点生活。

300字ver

1980年生まれ。一橋大学商学部卒。NUMABOOKS代表、ブック・コーディネーター。2012年、ビールが飲めて毎日イベントを開催する新刊書店「本屋B&B」を開業。ほか、株式会社バリューブックス社外取締役、「八戸ブックセンター」ディレクター、「日記屋 月日」店主として、本にかかわる様々な仕事に従事。また、下北沢のまちづくり会社として「BONUS TRACK」の運営を行う株式会社散歩社の取締役もつとめる。著書に『これからの本屋読本』(NHK出版)『本の未来を探す旅 台北』『本の未来を探す旅 ソウル』『本の逆襲』(朝日出版社)などがある。現在、東京・下北沢と長野・御代田の二拠点生活。二児の父。